医学部受験の心構えを体験談から紹介

医学部入試を軽視していては合格は程遠い

医学部 受験学年別受験コース|プロ家庭教師の名門会

難関である医学部を受験するためには、全国でもトップクラスの学力を身につける必要があります。
そのために私が考えていた心構えを紹介します。
まずは、医学部入試を軽視しないことです。
入試を軽視していては合格は程遠いと感じたのです。
特に「なんとかなるだろう」という軽い気持ちを持たないことを心がけました。
医学部の受験は最もレベルが低い大学でも世間では難関校扱いとなります。
受験はとても険しい道であることを認識しながら日々学習することを心がけました。
次に心がけたことは、効率的な勉強をすることです。
多くの人は医学を志す学生はがり勉タイプが多いと思っているのではないでしょうか。
しかし、私を含めて実態は異なります。
勉強以外にも部活や趣味を楽しんでいる人が多いのです。
これは、必要最小限の労力にて、最大限の成果が出せるように日ごろあらトレーニングしているからです。
では、最小限の努力にて最大限の結果を出せる勉強方法はどのような方法なのか自分なりに考えてみました。

医学部入試を軽視していては合格は程遠い / 教科書レベルの基礎知識をおろそかにしないことがとても大切 / 「ミスから学ぶ」ことも大切です